コアラのお買い物

コスパ重視のレビュー

スポンサーリンク

スバル!高速道路試乗イベント当選

無事当選

先日書いたスバルの高速道路試乗イベントに無事当選しました。

koalas8程.hatenablog.jp

 

 以下のメールが届きました。

f:id:koalas:20150520185501j:plain

 

手続きもしたので、後は当日乗るだけです。

同乗者は3人まで可能とのことでした(運転できるのは1人)。

5人乗りなので1人は営業さんが乗ると思います。

当日妻がいければ動画撮影を頼もうと思っていたのですが、都合が合わなかった為、一人での試乗になるので写真くらいしか撮れないのが残念です。

 

 

新型レヴォーグ

スバルのマイナーチェンジは毎年のペースであるみたいです。

改良点を蓄積してまとめてするよりは毎年出てきた改良点をどんどん反映してもらえる方が消費者としてはメリットが大きいと思います。

毎年のペースであるマイナーチェンジは企業としては採算的に効率も悪いと思うのですが、こういう姿勢からも良い車を作っているのだろうなと想像できます。

欠点としては、新型を買っても翌年には旧型モデルとなってしまう心理的なショックがあることでしょうか。

 

正式にはマイナーチェンジという名称ではなく「年改」と呼ばれているそうです。

他社であるマイナーチェンジのような大幅な改良は見られません。

今回はアイドリングストップ制御の最適化や一部サスペンションのセッティング変更等ありますが、注目したのは「アドバンスドセイフティパッケージ」です。

 

 

アドバンスドセイフティパッケージとは

オプションで選べる安全システムです。セーフティじゃなくセイフティなんですね。

  • スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)

サイドミラーの視覚となるところから接近する車をセンターミラーにLEDで表示したり警報音で知らせる。

 

従来のアイサイトによる前方の安全性の高さだけでなく、後方の安全性まで高まりました。

 

  • ハイビームアシスト

前方の光を検知し、状況に応じてハイビームとロービームを自動的に切り替える。

 

交通量の多い道路で自動でロービームになるなら常時ハイビームにしておくことができそうです。

マツダにも同様のシステムとしてHBC(ハイビームコントロール)がありましたが、現在新しいシステムでALH(アダプティブ・LED・ヘッドライト)が搭載されているので、それと比べると劣ります。

 

  • 自動防眩インナーミラー

自動的に後続車のライトの眩しさを抑えるものらしいです。

 

  • サイドビューモニター

助手席側ドアミラーにカメラが装着されており、死角になる左前方の様子をマルチファンクションディスプレイに表示する。

 

  • アイサイトアシストモニター

アイサイトの作動状況や各種警報をダッシュボード上にあるLEDが点灯し、フロントガラスに投影する。

 

無駄な視線の移動が少なくなり、前方に注意しながら情報を得ることができて良いと思います。

 

 

当日試乗で体感

オプションなので搭載されているか分かりませんが、アドバンスドセイフティパッケージが付いていればアイサイト3と合わせて体感してきたいと思います。

スポンサーリンク

「コアラのお買い物」はGoogle Adsenseを広告として使用しています。Google Adsenseはデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用して広告配信をしています。Cookieを使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。情報提供を望まない場合は、Googleのポリシーと原則のページより、Cookieオプションを使用しないように設定することができます。

「コアラのお買い物」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

「コアラのお買い物」はrakuten.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、楽天アフィリエイト・プログラムの参加者です。