コアラのお買い物

コスパ重視のレビュー

スポンサーリンク

ホンダの新型ステップワゴン

フリード7年目の車検完了後受取りの為にホンダへ行きました。

ちょうど新型ステップワゴンのお知らせのハガキがきてたので、行ったついでに試乗してきました。

 

 

注目すべきは1.5Lダウンサイジングターボです

車重に対して1.5Lではパワー不足間が否めません。

実際フリードですら、1.5Lではパワーが足りないことを感じます。

ハイブリッドになるとモーターのアシストが手伝いちょうど良いパワーになるらしいですが。

ホンダのステップワゴンで採用されたのは1.5Lにダウンサイジングしながら、不足したパワーをターボで補うというものです。

 

海外ではダウンサイジングターボはメジャーな考え方ですが、日本では遅れていて、最初に出た本格的なダウンサイジングターボというのはスバルのレヴォーグだと思います。

レヴォーグの発売日は2014年6月20日なので、日本ではほんとに最近のことなんだと思います。

 

 

面白いのはわくわくゲート

わくわくゲートについて載っているホンダのサイトへのリンク

www.honda.co.jp

テールゲートは横開きだと自動車後方のスペースが狭くても荷物の出し入れができ、縦開きでは雨の日など屋根代わりになります。このわくわくゲートはどちらの使い方もできるので、状況に応じて双方のメリットが活かせるということです。

 

 

試乗してみました

ダウンサイジングターボだと音が気になるかと思ったのですが、ものすごく静かでした。ターボは最初から動いているのではなく、2000回転位から動き出すというような説明でしたが、短い距離の試乗でアクセルを踏み込むこともなかったのでターボに関しては体感できませんでした。坂道や高速道路での走行をしてみないと分からないかもしれません。しかし、低速域では1.5Lで十分なパワーと静寂性であることを感じることはできました。

 

本命は

ステップワゴン自体、広くて悪くないのですが、我が家の用途ではここまでの大きさは必要ないかもしれないと思ってしまいます。現状でもワンサイズ小さいフリードでも広さで困っていることはなく、時にはスペースや乗車人数を無駄にしているなと思う所もあるからです。ステップワゴンが購入候補に入らないこともないですが、次期ホンダ車の最有力購入候補はダウンサイジングターボ搭載のフリードです。

スポンサーリンク

「コアラのお買い物」はGoogle Adsenseを広告として使用しています。Google Adsenseはデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用して広告配信をしています。Cookieを使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。情報提供を望まない場合は、Googleのポリシーと原則のページより、Cookieオプションを使用しないように設定することができます。

「コアラのお買い物」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

「コアラのお買い物」はrakuten.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、楽天アフィリエイト・プログラムの参加者です。