コアラのお買い物

コスパ重視のレビュー

スポンサーリンク

スバルのレヴォーグ

レヴォーグの試乗が高速道路で体験できるかも?

以下、スバルの受付サイトへのリンクです。

www.subaru.jp

 

スバルのレヴォーグは発売前より興味がありました。

発売前当時はレヴォーグ自体よりも、レヴォーグに搭載されるというアイサイト(ver.3)に興味津々でした。

 

今、私が良いと思う車は車自体よりもこれら先端技術なのかもしれません。

 以前の記事で書いたマツダの車も、マツダの車自体よりもベンツやBMWのディーゼルよりも出来が良いと思っているマツダクリーンディーゼルに惹かれるものがあります。

koalas-it.hatenadiary.jp

 

 

アイサイト(ver.3)とは

以下、スバルへのアイサイト(ver.3)へのリンクです。

www.subaru.jp

海外も含め、各社自動運転システムは搭載していますが、このステレオカメラを使った自動運転システムは優秀です。

日本の道のようにカーブが多かったり、アップダウンの多い道路では、レーダーによる自動運転システムなどでは、前方の車が探知できなくなることが多く、カーブでの加速してしまうこともあるそうで、安心できるような自動運転システムとは言いがたいです。

しかし、ステレオカメラでは画像による広範囲の視界が得られるので、人間の目に近い感覚で前方の車を把握することができると考えられます。それが自動運転システムだけでなく、日常生活の人の飛び出し等も対処できるまで理にかなっているものです。

特許の関係でしょうか?プライドの問題でしょうか?何故他の車がステレオカメラを採用しないのが不思議です。低コストで付けられる優秀なシステムなのに。

 

世界中の自動運転システムを搭載しているような車のテストのデータを見たことがありますが、かなり上のクラスのレクサスとスバルのレヴォーグが共に最高得点を取っていました。ホンダのヴェゼルは最低得点だったような記憶があります。

高級車に載っている高級なシステムと、文字通り同等の安全システムが載っていることを考えればレヴォーグはかなりコスパの良い車だと思います。

 

試乗するまで分かりませんが、イメージでは高速道路ではアクセル・ブレーキ操作はほぼする必要がないのではないかと考えています。白線を認識して、ハンドルまで自動で切ってくれるそうですから、高速に合流してから、高速から出ていくまで、ほとんど自動運転できるのではないかと期待しています。

 

自動運転分野では日産も力を入れていますが、衝突回避システムに関しても30kmで作動というレベルであり、アイサイト(ver.3)の50kmでの作動というのは別格クラスであることが伺えます。

 

これはマツダのクリーンディーゼルと違い、高速道路でないと良さがきちんと体感できないものなので、是非高速道路での試乗を体験してみたいです。

スポンサーリンク

「コアラのお買い物」はGoogle Adsenseを広告として使用しています。Google Adsenseはデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用して広告配信をしています。Cookieを使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。情報提供を望まない場合は、Googleのポリシーと原則のページより、Cookieオプションを使用しないように設定することができます。

「コアラのお買い物」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

「コアラのお買い物」はrakuten.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、楽天アフィリエイト・プログラムの参加者です。