コアラのお買い物

コスパ重視のレビュー

スポンサーリンク

後付けクルーズコントロール(3-drive・α)を買ってみた

私の乗っている車は初期型のフリード(7人乗り)です。

今年で7年乗っています。まぁまぁ良い車です。

旅行が好きなので車で遠出もするのですが、年のせいか長時間運転がキツくなってきてしまって、最近では3時間以上運転するような状況では、半分は妻に運転を頼むこともあります。

 

運転の疲労が何によるものか、しばらく悩んでいました。

もちろん加齢によるものが大きな原因ですが、

運転の何が疲労感をもたらしているのか考えてみました。

 

○排気量不足による足の疲れ

フリードは1500ccですが、フリードの重い車体に1500ccではパワー不足は否めません。特に高速道路や上り坂ではアクセルを踏むという動作をしっかりする必要があります。

長距離運転では足が疲れます。

 

○音による疲れ

マイナーチェンジからHVの規格からフロントガラスにも遮音機能のあるものが使われているそうです。つまり初期型では遮音機能が付いていないということになります。高速走行では社外音が気になります。フロントの遮音機能とはあまり関係ないかもしれませんが、特にロードノイズが気になります。

長時間不快な音を聴くことは精神的に疲れるのではないかと思います。

 

○乗り心地による疲れ

乗り心地は悪くありません。妻の軽自動車やコンパクトカーや普通車の試乗もしてきていますが、他の車より乗り心地が劣ると感じることはあまりありませんでした。唯一負けたと感じたのは、最近試乗してきた、マツダの新型デミオ(ディーゼル)です。しかし上のクラスの車になると更に乗り心地がよかったりするのではないかと思うと、ここを改善することによって疲労軽減効果があるかもしれません。

 

色々と考えてみましたが、どれを解決すれば良いのか分かりません。

高級車にでも乗れば一気に問題が解決するかもしれませんが、そんな資金的な余裕もありませんし、車は乗り潰すまで乗るのが一番コスパが良いと思っている為、7年程度で買い替える気もありませんでした。

 

とりあえず疲労感を感じる長距離走行に着目してみました。

高速道路の運転後、足が疲れているという事実です。

これは気分的なものではありません。

 

昔からあるそうですが、今時の車でよく宣伝しているクルーズコントロールというものが気になりました。特に良いと思ったのはスバルのアイサイト3です。

これは他社のクルーズコントロールとレベルが違い、高速道路での走行はほぼ自動運転に近いものになるのではないかと考えられます。

また、自動運転をする為に必要な、機能・制度共十分なものだと感じました。

 

しかし、アイサイト3を手にするためには、車を買い換えなければなりません。

それは駄目です。資金的に余裕が・・・

 

普通のクルーズコントロールでも高速道路の走行をだいぶ楽にしてくれるのではないかと思いました。

調べてみると後付けでもクルーズコントロールが付けられるものがありました。

しかも、想像以上に安かったです。

私が採用したのはPIVOT 3-drive・αです。

ピボット(PIVOT) 3-drive・α オートクルーズ付スロットルコントローラー 3DA

ピボット(PIVOT) 3-drive・α オートクルーズ付スロットルコントローラー 3DA

 

 取り付けは近所のオートバックスにお願いしました。

冬だったので同時にリモコンエンジンスターターも取り付けましたが、

オプションも付けて、両方で10万円もしなかったです。

6万円だったか、7万円だったか記憶が曖昧でごめんなさい。

 

私のフリードにはこのように取り付けました。

f:id:koalas:20150415190221j:plain

取り付け位置は細かく指定することができます。

ただし、コードの長さや、固定できる位置であること、スイッチとの干渉等は考える必要があります。

運転しながらの操作がしやすいように運転席に座りながら、どこにするか考えて、この位置なら左手が楽に届いたのでここにしました。

 

1つだけ後悔したのが、この位置の下にドリンクホルダーがあるのですが、通常のペットボトルは問題ないですが、大きいコーヒ等のドリンクをホルダーに入れると蓋くらいが干渉することがあります。

 

拡大した図が以下です。

f:id:koalas:20150415190607j:plain

ホコリがたくさん付いててごめんなさい。

これには高速道路以外でも使える機能があり、エンジン出力を調整するというものです。

エコ5~1 > ノーマル > スポーツ1~5

エンジン出力が ー50%から10%刻みで+50%まで調整できます。

ちなみにこの画面のEc3というのはエンジン出力ー30%で、

下道での低燃費走行に貢献してくれています。

 

メイン機能のオートクルーズですが、

走行中に真ん中の丸いボタンを押すとそのスピードで固定。

↑を押すと2kmずつ速度アップ、↓を押すと2kmずつ速度ダウン、

→を押すかブレーキを踏むと解除、再度→を押すと元の設定速度まで復帰。

 

これを装着してから、高速道路での燃費は30%向上しています。

法定速度から法定速度ー10km程で定速走行しています。

無駄に追い抜いたり、スピードを出し過ぎたりするリスクもなくなり精神的にも楽になりました。

 

前方車等には注視して、いつでもブレーキを踏めるようにしておく必要はあると思いますが、速度に気をはらなくて良かった為、走行中に周りの車の動きに気を張っておくのも楽になり、想像以上の疲労軽減効果がありました。

追い抜かれることも気にならなくなりましたし、

前方に車が全くいなくなってもゆったりした気分で運転していられます。

 

次回の車では速度制御装置も付いてるようなものが理想ですが、少なくともクルーズコントロール付きのものは絶対必要だと思いました。

パワーのない車(特に軽自動車)程、疲労軽減効果は高いと思うので、標準でクルーズコントロールが付いていなくて、高速道路を走行することがあるような人にはおすすめです。

スポンサーリンク

「コアラのお買い物」はGoogle Adsenseを広告として使用しています。Google Adsenseはデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用して広告配信をしています。Cookieを使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。情報提供を望まない場合は、Googleのポリシーと原則のページより、Cookieオプションを使用しないように設定することができます。

「コアラのお買い物」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

「コアラのお買い物」はrakuten.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、楽天アフィリエイト・プログラムの参加者です。